【ベガリアまとめ】期待出来る効果効能、購入方法、公式キャンペーン等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ベガリアまとめ】期待出来る効果効能、購入方法、公式キャンペーン等

精力の減退や勃起力の低下に悩む男性に人気のサプリメント「VEGALIAベガリア」。

公式ホームページによれば、厳選された成分だけを無駄なく、限界まで配合した黄金比率がもたらす「人類史上最高の増大力」を誇ります。

ベガリアの購入を検討中の方や最近ベガリアを飲み始めた方に、ベガリアのパワーは本物なのか、客観的かつ徹底的に分析したデータをもとに解説してまいります。

ベガリアのパワーの秘密とは

最近の増大系サプリには100~200種類と、非常に多くの成分を配合した製品が目立ちます。

なかには300種類を超えるとするメンズサプリもあり、配合成分数の多さは半ばトレンド化している感があります。

一方、ベガリアに配合されている成分はおよそ30種類です。

数だけをみると少なく感じるかもしれませんが、実はここにベガリアの優位性が隠されているのです。

男性向けサプリメントの多くは、医薬品で使用されているハードカプセルを採用しています。

医薬品のために開発されたハードカプセルのサイズは規格化されており、日本人向けに使用されるのは300~400mgが一般的で、大きいものでも500~600mgが一般の日本人には限界です。

ここで問題です。

300mgのカプセルに30種類の成分を充てんするのと、500mgのカプセルに100種類の成分を詰め込むのでは1成分当たりの配合量はどちらが多くできるでしょうか。

もうお判りの通り、300mgのカプセルに30種類なら1成分当たり10mg、500mgのカプセルに100種類ならその半分の5mgしか配合できません。

そして、精力増強・ペニス増大系のサプリメントに求められるのは、精力を増強するためのハーブ系主成分とペニス増大に働くアミノ酸系主成分を最も多く、これらを側面から支えるサポート成分を十分かつ無駄なくバランスよく配合することです。

ペニス増大や精力増強に100種類もの成分は必要ありません。

精力と増大、それぞれ数種類の主成分を少しでも多く、そしてサポート成分の種類はできるだけ少なく、かつ十分な量を配合することこそ重要なのです。

このポイントを考えると、ベガリアの公式サイトにある「黄金比率」とはバランスだけを指すのではなく、最も効率的な成分種と配合量を実現することを指していることがわかります。

ベガリアのパワーの秘密は、必要のない無駄な成分を極力省き、精力増強と勃起力アップに特化した、厳選された成分のみを最大限配合している点にあるのです。

精力増強に必要なキーワード

メンズサプリを大きく分けると、性欲を呼び起こす強壮作用のある精力剤と、ペニスへの血流を高めて勃起力を強化し、増大へとつなげてくれる増大系サプリに分けられます。

精子の量と質を高めて性欲を強化することと、ペニスの強い勃起力。

どちらが欠けても、自らがセックスを楽しみつつ、パートナーを満足させることはできません。

ベガリアをはじめとするメンズサプリの多くが、性欲メンタル勃起フィジカルの両立を目指しています。

このうち、強精強壮によって性欲を強化するためのキーワードが男性ホルモンテストステロンです。

テストステロンとは男性にとって最も重要な性ホルモン

テストステロンとは男性にとって最も重要な性ホルモンであり、体内量が減少すると性欲が減退し、EDや男性更年期の原因となります。

ほかにも、筋肉量が落ちてメタボになりやすくなり、うつ病や認知症のリスクも大きくなります。

一般的に、テストステロン値の高い男性は性欲だけでなく、闘争心や冒険心が強く、行動的で女性にもよくモテます。

社交性がありリスクを恐れないため、仕事で成功を収める確率が高く、高収入の人が多い傾向にあります。

テストステロンは95%が精巣(睾丸)でつくられるので、血液中よりも精液中の濃度のほうが高いといわれています。

体内ではたんぱく質と結合しているテストステロンが多く、フリーで存在しているのは全体のわずか1~2%しかありません。

実際に男性ホルモンとして働くのはフリーテストステロンと一部のたんぱく質結合テストステロンで、おおよそ70%は機能しないテストステロンです。

加えて、テストステロンの分泌量は加齢とともに年々減少していき、フリーテストステロンの割合も加齢とともに低下すると考えられています。

一般的に、テストステロンの有効性は20歳を100とするなら、50歳では70程度に低下するといわれており、例えるなら、50歳では性欲の強さや勃起の硬さ、勃起時の大きさも20歳の時の「7割」しかないということになります。

このため、メンズサプリにおいて重要かつ不可欠な機能のひとつが「テストステロンの活性化」です。

テストステロンを活性化するには?

テストステロンを活性化するには、総テストステロン量を増やす、たんぱく質結合テストステロンの割合を引き下げる、フリーテストステロンの量を増やす、のいずれかが必要です。

クリニックや病院ではLOH症候群と診断されると、漢方薬や抗うつ薬、あるいはテストステロン補充療法が治療の選択肢となります。

しかし、漢方や抗うつ薬の効果は個人差が大きく、テストステロン補充療法には精巣の萎縮などの副作用があるうえに、一たん補充治療を始めたら、障害にわたって続けなければならない、というリスクがあります。

しかも、テストステロン補充療法は日本では保険適用外のため、大きな病院でも1回あたり数千円から1万円は必要です。

個人医のメンズクリニックにとっては、金の成る木のようなもので、1回の治療で2万円以上取られることも珍しくありません。

現在、世界各国ではホルモン補充療法以外の低テストステロン治療が研究されており、運動療法や亜鉛、にんにく、玉ねぎなどの摂取に一定の効果が見出されています。

中でも、特筆すべきなのがマレーシアの伝統的なメディカルハーブ「トンカットアリ」です。

ベガリアには精力を増強するためにトンカットアリが配合されており、さらに亜鉛やマカといった強力なサポート成分も惜しみなくプラスされています。

メンズサプリに欠かせない「強壮強精」と「勃起増大」のうち、一方のツボである強壮強精をしっかり押さえているのはさすがといっていいでしょう。

ペニス増大のメカニズム

ベガリアが専門医からも注目を集めている天然ハーブによって「強壮強精」を実践していることはわかりましたが、もう一方の「硬さや勃起力増大」についてはどうでしょうか?

勃起力がアップするメカニズム

まずは勃起のメカニズムについておさらいしておきましょう。

勃起は、目や耳、触覚など五感から得た性的な情報によって、脳が興奮するところからスタートします。

見たり触ったりすることで得られた「エッチな情報」によって興奮した脳は、まずペニスに向けて勃起信号を発信します。

勃起信号は脊椎を通って骨盤へ、さらに骨盤の神経を経由してペニスの海綿体神経へと到達します。

ペニスには骨も筋肉もないのに、エッチな刺激によって普段のふにゃふにゃ状態から一気に硬く大きなイチモツへと変身します。

この勃起の正体が、大量の血液が流れ込んで普段の何倍にも大きくふくらんだ血管であるとは、にわかに信じがたいほどです。

海綿体の名前は、海にすむ無脊椎動物「海綿」になぞらえてつけられたものです。

海綿の体には無数の穴が開いており、全身から海水を吸い込んで口のような大きな穴から海水を吐き出します。

海綿を干して乾燥させたものが「天然のスポンジ」です。

ベガリアには「勃起力増大」に欠かせない主成分が贅沢に配合

一方、ペニスの海綿体には無数の穴のかわりに「無数の細い血管」がぎっしりと詰まっています。

そして海水の代わりに大量の血液をため込んで、ペニスを硬く大きく勃起させるのです。

この「無数の細い血管」は伸縮性に優れた平滑筋という筋肉でおおわれており、勃起信号を受け取ると血管の内壁組織にあるアルギニンからNOが作り出されます。

NOは血管の組織内で筋肉を緩めるシグナルを出す物質を活性化させ、平滑筋を最大限にゆるめて血管を大きく広げます。

狭心症の治療薬ニトログリセリンは、NOを作り出すことで心臓の血管を広げ、狭心症の症状を鎮めます。

また、ED治療薬のバイアグラはNOを分解する酵素の働きをじゃますることでED患者の勃起をサポートします。

ベガリアにはペニスの海綿体でNOを作り出すアルギニンと、体内でアルギニンに変化するシトルリンが「勃起増大」の主成分として配合されています。

さらには、精子を作り出すのに不可欠なオルニチンを加え、ペニスと睾丸で働くアミノ酸3種類が理想的なバランスで配合されているのです。

結果を出す成分のみを厳選配合

エビデンスのない100種類~200種類もの成分をほんのわずかずつ配合したとしても、勃起力にも性欲向上に対しても、なんら役に立たないことは明白です。

逆に、そのような無駄な成分は徹底的に排除して、本当に必要とする裏付けのある成分だけを充分量配合することこそが重要です。

それでは、ベガリアに配合されている厳選された成分にどのような働きがあるのか、もう少し詳しくご説明しましょう。

シトルリン&アルギニン

ペニス増大系サプリに欠かせないのが2種類のアミノ酸、シトルリンとアルギニンです。

私たちの身体はおよそ60%が水分ですが、次に多いのがたんぱく質で15~20%を占めています。

たんぱく質は肉や魚にも同程度の割合で含まれており、食事から摂取したたんぱく質は、からだの中で20種類のアミノ酸に分解され、再び別のたんぱく質へと組み換えられます。

ヒトは、20種類のアミノ酸のうち11種類はからだの中で合成することができますが、残り9種類は合成することができないので食事から摂らなければなりません

この、体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

また、たんぱく質として使用されずに細胞や血液の中などに存在しているアミノ酸は、遊離アミノ酸と呼ばれています。

ベガリアの主成分であるシトルリンは遊離アミノ酸、アルギニンは必須アミノ酸に分類されます。

アミノ酸の分子構造には「D体」と「L体」という2種類があり、互いを鏡に映したときのように左右が反転しています。

グリシンを除いて、現在製造されているアミノ酸のほとんどはL-体ですので、ここでは「L-」を省いた表記にしています。

アルギニンはたんぱく質を構成するアミノ酸であり、体内でも合成できるため必須アミノ酸ではありません。

しかし、成長にかかわるさまざまな機能があるため、成長期の子どもにとっては食事からの摂取が推奨される準必須アミノ酸です。

体内でたんぱく質を分解するとき、有毒物質のアンモニアが生成されてしまいますが、アルギニンはアンモニアを無毒化する過程でとても重要な働きをしています。

ほかにも、成長ホルモンの分泌を促し、免疫機能を活性化させ、傷の治りや細胞の増殖を促進します。

なかでも重要なのは動脈血管の内側でNOをつくり出す機能です。

前項で紹介した通り、NOは血管平滑筋という筋肉をゆるめて血管を拡張するため、爆発的な勃起力を獲得するには欠かせない成分です。

血管を拡げるということはペニスだけでなく、心臓や末梢の血流を改善するためにも非常に重要です。

しかし、アルギニンはさまざまな機能に使用されてしまうため、食事から摂取してもうまくペニスで働いてくれるかどうかはわかりません。

そこで利用されるのがシトルリンです。

シトルリンは今から90年ほど前、日本でスイカの中から発見されました。

さまざまな機能性を持ち、医薬品としても利用されてきました。

シトルリンの大きな特徴の一つは、体内でそのほとんどがアルギニンに変換されることです。

アルギニンは体内でも合成されますが、用途が広範で消費量も多いため、体内に十分な量を備蓄することは困難です。

一方、シトルリンの役割はほぼアルギニンに変換されることだけです。

このため、アルギニンを摂取するよりもはるかに多く体内のアルギニンを増やしくれます

天然のシトルリンはスイカだけでなくウリ科の植物に多く含まれますが、シトルリンを最も多く含むスイカでも100gあたり180mg程度しか含んでいません。

ですので、純度の高いシトルリンをサプリメントで摂取するのが最も効率的なのです。

オルニチン

オルニチンは体内ではアルギニンからつくられ、シトルリンに変化します。

アルギニンとシトルリンの相互変換サイクルには、以下の通り2種類の経路があります。

  • A.アルギニン⇒オルニチン⇒シトルリン⇒アルギニン
  • B.アルギニン⇒シトルリンとNO⇒アルギニン

Aはオルニチン回路(尿素回路)と呼ばれ、主にアンモニアを無毒化するための代謝経路で、BはNOサイクルと呼ばれる「NOを産生する」経路です。

もうひとつ、オルニチンにはアンモニアの無毒化以外に非常に重要な働きがあります。

それがポリアミンの合成です。

体内でオルニチンはアルギニンとグルタミン酸によって合成され、さらにプトレスシン⇒スペルミジン⇒スペルミンと変化していきます。

プトレスシン、スペルミジン、スペルミンは代表的なポリアミンで、ほとんどすべての細胞内に存在し、細胞の増殖に不可欠な物質です。

特に、精子のように活発な細胞増殖が行われる場合には大量に必要とされるため、精巣(睾丸)には非常に大量のポリアミンが存在しています。

最初のポリアミンは牛の精子(スペルマ)の中から発見されたため、スペルミンと名付けられました。

アカガウクルア

アカガウクルアはタイ原産の熱帯植物で現地の先住民は古くから強壮強精の秘薬として珍重してきました。

アカガウクルアはDHEAの分泌を促進することが知られています。

DHEAはテストステロンの前駆体(テストステロンに変化する前の段階)で、弱い男性ホルモン作用があります。

タイの東大といわれる国立大学チュラロンコン大学で、30~70歳のED患者31人に対して、14人には偽薬プラセボを、17人にアカガウクルアを3か月間服用させる臨床試験を行いました。

この結果、アカガウクルアを服用した被験者のうち82.4%にEDの改善がみられたことが報告されています。

しかも、その作用はDHEAによるものではなく、ある酵素の働きを阻害することで患者の勃起を促した、というものでした。

この作用のメカニズムはバイアグラ(シルデナフィル)と同じで、同大学では副作用なしにEDを改善する新たな機能性製品の開発につながるだろう、としています。

トンカットアリ

トンカットアリはマレーシアなど東南アジアに広く伝わる民間薬で、ベトナムでは100の病をいやす、といわれています。

マレーシアでは強壮強精剤として古くから利用されてきました。

マレーシア科学大学とシンガポール大学医学部の共同研究によれば、男性の性欲とセックスのスタミナを高め、勃起の硬直指数を増加させた、と報告しています。

同じ研究者によれば、去勢したネズミにトンカットアリを与えたところ、性欲は衰えず性交能力を維持していたといい、トンカットアリには男性の生殖機能に対する特殊な機能があるとしています。

また、マレーシア大学では1週間のトンカットアリ摂取によって、精巣でつくられるテストステロンの量が5倍近くにまで増加した、としているほか、マラリアの治療にも効果があることがわかっており、東京大学医学部と東京薬科大学の共同研究では抗がん作用が発見されています。

男性の性欲を高め、性的機能を増加させるトンカットアリは、まさに100の病をいやす万能薬なのかもしれません。

マカ

ペルーのアンデス高地で栽培されるマカは現地の貴重な栄養源として古くから珍重されてきました。

標高2000~4000m、荒れた酸性の土地で栄養豊富に生育するマカは、まさに大地の栄養をすべて吸収して育つかのようです。

マカもまた、古くから強壮強精剤としての歴史を持ち、生殖機能を失って全滅に瀕したスペインの軍馬をたちどころによみがえらせた、という伝説は有名です。

日本では、マカの有効成分はサポニンやグルコシノレート(大根おろしの辛み成分)などではないか、といわれていますが、実際のところ、マカが持つ強壮強精作用の正体は解明されていません

マカにはリノール酸、オレイン酸、パルミチン酸などの脂肪酸が豊富に含まれていいますが、マカエンというマカ独特の脂肪酸も含まれています。

アメリカでは出荷前の乾燥過程でマカエンが変化したマカミドが機能性の中心だと考えられているようです。

ヒトの脳内には痛みやストレスを和らげ、幸福感をもたらす「脳内麻薬」と呼ばれる物質があります。

植物では麻に含まれるカンナビノイドという物質が有名で、いわゆる大麻・マリファナの主成分でもあります。

ヒトの脳内にあるのはアナンダミドと呼ばれる物質で、マカミドはこの物質に似ているといわれており、セックスへの欲求と快楽を高めるのではないか、と推測されています。

亜鉛

亜鉛はすべての細胞に存在し、遺伝子の発現や細胞の分化、たんぱく質の合成など人体にとってなくてはならない重要な栄養素です。

亜鉛の欠乏によって皮膚炎、口内炎、味覚障害、貧血などが起こりますが、実は性腺の機能障害が起こることもあります。

亜鉛はテストステロンの合成にも不可欠なミネラルであり、前立腺や精巣に高濃度で存在しています。

亜鉛が欠乏すると精子減少症、ED、睾丸の萎縮などの原因となります。

亜鉛の1日の推奨量は成人男性で10mgです。

亜鉛の毒性は低く、過剰摂取になることはあまりありませんが、継続的に摂りすぎると中毒症状を起こす可能性があります。

添加物について

ベガリアに含まれる食品添加物は、栄養強化剤として配合されているアルギニン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸を除くと、ゼラチン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、セルロース、ベタイン、香辛料抽出物の7種類です。

ゼラチン カプセル外被
トレハロース 甘味料
ステアリン酸カルシウム 固結防止剤、カプセル製造剤
微粒酸化ケイ素 固結防止剤
セルロース 安定剤
ベタイン 調味料
香辛料抽出物 調味料

このようになっており、どれもめずらしい添加物ではなく、ごく一般的なものばかりです。

副作用の心配は?

鎮痛薬として有名なアスピリンのルーツは紀元前400年ごろまでさかのぼります。

医学の父と呼ばれたヒポクラテスが柳の葉や樹皮を痛み止めとして用いた、といわれており、その薬効は柳に含まれるサリチル酸であることが判明しました。

現在では柳から抽出するのではなく、化学的に合成されています。

サプリメントや食品の「天然」を好む方がいますが、柳から抽出される天然のサリチル酸には強い副作用がありました。

そのため、「安全な」医薬品を得るために合成法が開発されたのです。

天然ならば安全か、というと決してそうではありません。

ベガリアに含まれるシトルリン、アルギニンといったアミノ酸類は純度の高い結晶として安全に製造されたものです。

また、一方ではトンカットアリ、アカガウクルアといった天然の植物ハーブを主成分としていますが、これらを含め、配合成分の中に重い副作用が報告されている素材はありません。

日本国内の工場で、徹底した品質管理のもとに製造されているのがベガリアの強みでしょう。

ベガリアの購入方法

現在ベガリアは公式サイトでのみ購入が可能で、amazonや楽天では購入できません。

公式サイトによれば大量生産ができないため、公式サイトでのみ数量限定で販売しているようです。

最近サプリメントや健康食品で問題となっているのが、初回はお試しのように見せかけて、いったん購入すると、2回目からは勝手に商品が届けられてくる「定期購入システム」です。

国民生活センターへの相談件数も右肩上がりで増えており、2019年の相談件数は約3万件で、実に2016年の2倍に増えています。

ベガリアの公式サイトに定期購入はなく、お試しの方にうれしい1箱単品購入も税別19,800円が30%OFFの13,860円(税別)で購入可能です。

まとめ買いならもっとお得で、2箱以上購入すると割引率が大きくなる上に、さらに1箱サービスでもらえるので、2回目以降のベガリアはまとめ買いがおススメです。

まとめ

男性の性機能強化には、性欲を高めて2回戦以上を可能にする強壮強精と、ペニスの勃起力を高めて強靭なまでに硬く勃起するNOパワーが必要です。

ベガリアは、世界中の研究者が注目する性機能ハーブの力でテストステロンを強化し、高純度アミノ酸パワーでNOの働きを高める、例えるなら車の両輪としてのダブル機能がそろっています。

そして、これらの機能をサポートする天然素材と必須ミネラルをバランスよく限界まで配合してあります。

ベガリアは、まさに「黄金比率」と呼ぶにふさわしい、メンズサプリ界を代表する製品といっていいでしょう。

この記事を読んだ人が併せて読んでいる記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!